50代からは自分のために綺麗になる

menu

50代のきれい

50歳を過ぎたらタンパク質はたっぷり摂る

スポンサードリンク



毎日タンパク質をたっぷり摂っていますか?

食事は野菜中心、肉はあまり食べない、魚は嫌い、インスタント食品を良く食べる、コンビニ食を良く食べる、朝食はパンとコーヒーで済ませる、など思い当たるものはありませんか?

年齢を重ねると、野菜中心の食事を健康食と考え、高カロリーである肉を食べるのを敬遠しがちです。
肉はメタボの原因と思われがちです。

でもそれは間違っているのです。

50歳前後からは体のシステムが変わってきます。

私たちの体はエネルギーを生成して体を動かすシステムが2種類あります。
1つは、瞬時に大きな力を出すのが得意で、生殖活動にも使われるシステムが解糖系
もう1つは、持続性に優れるミトコンドリア系

若いころは解糖系のシステムが使われてきました。
それが50歳前後になると更年期を迎え、私たちの体は解糖系からミトコンドリア系へシフトしていきます。
ミトコンドリア系はタンパク質を材料にしてエネルギーを作っています。
ですからタンパク質をたっぷり摂ってミトコンドリア系のエネルギーをうまく動かすことが健康で長生きするために必要です。

タンパク質が足りないと体にはどんな影響があるの?

タンパク質の摂取量が足りないと
・ちょっとしたことですぐ疲れる
・体がだるく、疲れがなかなか取れない
・肌や髪の老化が進む
・更年期症状がひどくなる
・老後寝たきりになりやすい
・代謝が落ちて太りやすくなる
・心の病気になりやすい

気になる不調はありませんか?

タンパク質不足はこんなにも様々な形で影響していきます。
タンパク質が不足すると臓器の細胞膜の材料が不足し、細胞が弱くなってがんになるリスクも高まるようです。

私は疲れてくると必ず焼き肉を食べたくなります。
たんぱく質不足で自然と体が欲していたのですね。
毎日を元気に、前向きに生きていくためにも、そして美容のためにも、タンパク質はとても大事な栄養素です。
高タンパク質の食事を心がけたいですね。

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。健康のため、美容のため簡単にできることを見つけ実践しています。読んで頂いた方のお役に立てると嬉しいです。



肌荒れ

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。