50代からは自分のために綺麗になる

menu

50代のきれい

玉ねぎを足裏に貼ると翌朝は爽快に目覚める?

スポンサードリンク



最近なかなか寝付けない上に、眠りが浅く、夜中に何度も目が覚めてしまったり、一度目が覚めるとなかなか眠れなかったり、と辛い日を度々送っています。
ぐっすり眠れないと翌日は頭も冴えないし、やる気も起きません。
熟睡して朝スッキリ目覚めたい!
これが目下の願いです。

靴下の中に玉ねぎを入れて眠る、というとても興味深い方法があり、調べてみました。
欧米などで実際に行われている民間療法です。

足裏には体中のツボが集まっています。足がむくむ、だるい、冷える、など足裏の悩みは多いですね。
足裏のつぼは全身の各機関と繋がっていてある臓器に異常が起こると、対応するツボが痛くなったり、コリのようなものができたりすることもあります。
足裏に貼るだけの健康法は簡単に実行できますね。

方法

玉ねぎを薄くスライスしたものを2枚用意します。
両足の裏に薄くスライスした玉ねぎをそれぞれ1枚ずつ当てて、靴下を履きます。
通気性の良い靴下がおすすめとのことです。

では玉ねぎにはどんな効能があるのでしょうか?

栄養成分として、玉ねぎにはにんにく、ニラなどにも含まれていて独特の匂い成分である硫化アリルを含みます。
硫化アリルには、ご存知「血液サラサラ」効果があります。
これにより動脈硬化、脳卒中などを防ぐ効能があります。
そしてこの匂いにより神経を落ち着かせ、イライラを抑えたり、疲労回復作用があります。

足裏に貼ると?

心が落ち着く
玉ねぎの匂いに含まれる成分に、脳を落ち着かせる作用があります。
空気をキレイにして快眠に導く効果もあるようです。
足の血行が良くなる
血液サラサラ効果により、経皮吸収によって朝起きたときに、足の血行が良くなり、軽くなる効果があります。

実際にやってみた方の声

・足のだるさが取れなかった方が試したところ、翌朝はスッキリしていました。
・熟睡できました。疲れると軽いめまいを起こしていたけど、これをすると翌朝はめまいが起こらないので驚いています。
などなど。

効果はあるようですね。

10年以上前だったと思いますが、私は足裏の樹液シートを使っていたことがあって、足のだるさが解消された記憶があります。
玉ねぎは寝るときに枕元に置くと安眠効果がある、ということは知っていましたが、足裏に貼るというのは知りませんでした。
玉ねぎなら常に家にある食材ですし、樹液シートを使うより格安です。
ですが足の裏や布団に匂いがついてしまうことがちょっと気になる点ではあります。
気にならない方は一度やってみてはいかがでしょうか?

ここまで読んで頂きありがとうございます。健康のため、美容のため簡単にできることを見つけ実践しています。読んで頂いた方のお役に立てると嬉しいです。



肌荒れ

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。