50代からは自分のために綺麗になる

menu

50代のきれい

小豆茶の作り方

スポンサードリンク



手作りの小豆茶を味わいませんか?
麦茶などと同じくノンカフェインです。

小豆茶の作り方です。

まずは小豆を香ばしく煎っていきましょう!

フライパンで作る方法とオーブンを使う方法をご紹介します。

①小豆をさっと洗い、一晩水につけておきます。
えぐみを抑えることができます。
えぐみが気にならない方は洗ったらすぐに②へ行っても大丈夫です。
②ざるに上げます。
③フライパンの場合
小豆をフライパンに入れ、中火で10分程、香ばしくなるまで煎ります。
オーブンの場合
小豆をオーブン皿に入れ160度に余熱しておいたオーブンに入れ、30分加熱します。
途中2~3回かき混ぜます。

煎っている途中、小豆のいい香りが台所いっぱいに広がります♪

小豆茶を入れる

水1.5Lに大さじ5杯の煎った小豆を入れ、お好みの濃さに煮出します。
火加減にもよりますが中火で30分~40分です。
又は煎った小豆を急須に入れ、沸騰した湯を加えて1時間ほど置きます。
大さじ1杯の煎った小豆で湯を150cc程を目安にお作りください。

小豆茶の作り方はとても簡単です。
小豆の煎り加減、煮出し加減により、風味、濃さ、など味わいが変わりますので
ぜひお好みの加減を見つけておいしく頂いてくださいね。

小豆茶の味は?

とても香ばしく甘みがあり、特にくせもなく飲みやすいです。
ほんのりと小豆の香りがします。
私は急須で湯出しした方が透明で雑味も出にくくすっきりとした味わいで好きです。
小豆茶をたっぷり飲みたいときは煮出して、味わって飲みたいときは湯出しで飲んでいます。

お茶にした後の小豆は捨てちゃいますか?

よく煮出していますが、まだ成分は残っています。
食物繊維も豊富にありますので出しガラとなった小豆も少し固めですが、そのまま食べてもおいしいです。
また煮物、サラダ、スープなどのお料理に加えたり、ヨーグルトに混ぜたり、と工夫して食べてください。

また煎った小豆をお米に混ぜて炊くと手軽にお赤飯ができます。

小豆茶にはどんな効果があるのでしょうか?

美容効果

ポリフェノールが豊富なので、活性酸素を除去してシミ、しわを予防する効果があります。
亜鉛が豊富なので、健康な爪や皮膚を作ります。

健康効果

食物繊維が豊富なので便秘を解消してくれます。
利尿作用でむくみに効果的です。

栄養満点、おいしい小豆茶を飲んでリフレッシュしているうちに、お腹もスッキリしてきますよ。

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。健康のため、美容のため簡単にできることを見つけ実践しています。読んで頂いた方のお役に立てると嬉しいです。



肌荒れ

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。