50代からは自分のために綺麗になる

menu

50代のきれい

乾燥肌から守る正しい入浴法

スポンサードリンク



お風呂に入って、体を洗って肌の汚れを落とし、湯船に浸かることで血流が良くなるなど美容にとっても大事な習慣です。
でも間違った入浴の仕方を続けていると、肌が乾燥したり、荒れたり、と悩むことになりかねません。

入浴中にタオルでこすりすぎて肌を傷めたり、色素沈着を引き起こすことがあるのです。また肌が弱いと水道水の塩素が肌に刺激を与えることもあります。

毎日洗うのは皮脂腺の多い部位

皮脂腺が多いのは、胸の上側、両わきの下、背中の上側です。石鹸をしっかり泡立てて手のひらでなでるように洗い、その後十分すすぐ。
他の部位はすすぐときに流れる石鹸だけでも十分です。
硬めのタオルでゴシゴシ洗うのは厳禁です。

皮脂腺の多い部分には酸化した皮脂汚れが付きやすいので毎日洗います。腕や足などは毎日石鹸を使うと乾燥の原因になるので、1日おきに留めます。

また体を洗うとバリア機能が低下します。その後湯船に浸かると細胞間脂質が皮膚から出てしまうので
肌がカサカサになってしまうのです。
体を洗うのは入浴の最後。体を洗ったらもう湯船には浸からずに上がるのが良いです。

湯船に浸かるのは38~40度のぬるめの湯に15分程度までを目安に

長くお風呂に浸かっているとふやけてシワシワに。これは肌表面の角質が大量の水分を吸って膨らんでしまい、一時的にバリア機能が低下している状態です。
肌がふやけた状態でさらにお湯に浸かっていると、肌内部にあるNMF(天然保湿因子)やセラミドが流れ出てしまいます。皮脂も奪われて乾燥肌になりやすくなります。
湯船に浸かる目安は、38~40度のぬるめで、時間はトータルで15分程度です。
肌がふやけてしまうほど長く浸かるのは厳禁です。

保湿効果のある入浴剤を使うのも良いでしょう。

お風呂から上る前に浴室で保湿ケアをする

お風呂から上がりは肌もしっとりしていますが、10分もすると肌の水分量は入浴前と同じレベルに戻ってしまいます。
ゆっくり体を拭いたり、髪を乾かしている間にどんどん乾燥していきます。
そこでお風呂から出る前に保湿ケアをしましょう。
濡れた状態でオイルを塗って水分を軽く拭きとる、または水分をふき取ったあとに保湿効果のあるボディローションやボディミルクなどで潤いが逃げないよう閉じ込めてしまいます。

塩素を除去して肌への刺激を抑える

沸かしたてのさら湯は気持ちがいいものですが、水道水に含まれる塩素は肌を刺激してしまうこともあります。
塩素除去のために入浴剤を使うことが有効です。
塩素除去にはアスコルビン酸(ビタミンC)やグルタミン酸を使い、入浴剤にも入っています。
入浴剤を使用しなくても、ドッグストアなどで売られているビタミンCの粉末を浴槽に入れても効果があります。
浴槽約180Lの湯に対して、ビタミンCを0.2~0.3gが目安になります。
1回1円程度で使えるので経済的です。

体の乾燥は気になっていましたが、お風呂の入り方でも改善できそうです。
お風呂にビタミンCを入れる、長湯しすぎない、お風呂上りにケアする、これだけでも乾燥からくるかゆみが減ってきました。
体の乾燥が気になる方は入浴方法を見直してみてはいかがでしょうか。

ここまで読んで頂きありがとうございます。健康のため、美容のため簡単にできることを見つけ実践しています。読んで頂いた方のお役に立てると嬉しいです。



肌荒れ

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。