50代からは自分のために綺麗になる

menu

50代のきれい

白髪・薄毛は白ごま油でうがいをすると良い

スポンサードリンク



インドのアーユルヴェーダという伝統医学で白ごま油うがいという若返り法があります。
アーユルヴェーダとはサンスクリット語で声明を表す「アーユス」と科学を表す「ヴェーダ」が語源です。
その人の体質と環境や年齢の合った生活を送るという医学です。

アーユルヴェーダでは人や物質は・火・水の3つのエネルギーから成り立つとして、このバランスによってその人の状態が決まると考えています。

白髪や薄毛はこのバランスの崩れによって起こると言われています。
白髪や薄毛が目立つようになるのは、アーユルヴェーダでは風が強まってエネルギーのバランスが乱れた状態としてとらえます。
強くなりすぎた風を抑え若返りを促すのが白ごま油です。
白ごま油は火のエネルギーを持っています。火が体を内側から温め風を鎮静化します。
白ごま油は他の油に比べてとても浸透力が高いのが特徴です。

まず白ごま油をキュアリングしましょう

白ごま油を約100℃に加熱することにより、火のエネルギーを取り込み若返り効果が高まり、また肌に塗ると浸透率も高まります。

キュアリング方法
1.鍋に白ごま油を入れて火にかける。ふたはしません。
2.90℃になるまで加熱します。110℃以上にならないよう注意します。
 温度計を使うことをおすすめします。
3.濡れふきんの上に鍋を置き冷まします。冷ますときも水分が混じらないようふたはしません。
4.白ごま油が常温になったら保存容器へ移します。密閉して冷暗所で保管します。

白ごま油うがいの方法

1.キュアリングした白ごま油をカレー用などの大きめのスプーンに注ぎ口に含みます。
2.上を向いてのど全体に行きわたるよう30秒間ガラガラうがいをします。
3.次に頭を起こして口の中全体に行きわたるように30秒間クチュクチュうがいをします。
4.うがいが終わったらティッシュペーパーに口の中の油を吐き出します。

うがいは朝、14時~18時の間がおすすめです。
1日1回、余裕があれば2回行うと良いです。

注意 白ごま油うがいをしてはいけない人
・ごまアレルギーを持っている人
・肌にかゆみや炎症を起こしている人
・口内やのどに炎症を起こしている人
・吐き気を伴う体調不良の人

白ごま油うがいによる体調の変化を感じましょう

1.味覚が敏感になります。
 白ごま油には浄化作用があり、口内の毒素が減るので味覚が敏感になります。薄味でも十分いおいしいと感じられるように。
2.ぐっすりと眠れるようになります。
 白ごま油うがいを続けると体内の循環や新陳代謝が改善され、疲れが取れやすい体へと変わり、寝つきも良くなります。
3.肩こり、首こりが軽減される
 白ごま油は血液の循環を良くする効果もあり、白ごま油の成分が全身に行きわたり肩こりや首こりが解消されることもあります。

ここまで読んで頂きありがとうございます。健康のため、美容のため簡単にできることを見つけ実践しています。読んで頂いた方のお役に立てると嬉しいです。



肌荒れ

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。